「教育と指導」について討論をする

「教育と指導」について解説

アルバイトでも仕事でも新人を教育することと指導することを間違っている人の話をよく聞くが、教えている人はその違いをしっかりと分かっているのであろうか。教育というのは教えながら育ていくということです。これはアルバイト生には使いません。時間で給料が発生しているのでお金を払って教えて育てることはしません。だから使う言葉は「指導」です。これは向かう場所や方向を指し示し導くということです。これは社会人によく使われていますが、社会人には「教育と指導」の両方ともを使ってもおかしくないと思います。

 

これについての問題点

アルバイトは教育するものではなく指導するものなのに、求人にはしっかりサポートなどと表示されていることが多い。正社員には指導もしなければいけないが教育もしっかりとしなければならない。

 

これについて「福中広勝」が述べる

バイトに関しても指導だけではやる気をなくししまいまずは教育をしなければいけないと考えます。そこから正社員登用にバイトのシステムを変更する人もいるかも知れないからです。

 

「福中広勝」の意見について「村瀬健介」が述べる

確かにそういう考えの人もいるでしょう。ですがいくら考えてもアルバイトはアルバイトなのです。そのアルバイトが正社員登用をしている人であれば話は変わってきますがアルバイトである以上は、話は変わりません。仮に正社員登用の話を出してきそうなアルバイト生は、少しだけひいき目に見た方が良いと思います。