「教育の指導方法」について討論をする

「教育の指導方法」について解説

まず教育というのは何段階もあることが常識です。何段階もあると同時に種類も数多くあります。全く知らない人に最初から教えていくことも教育になります。例えば、営業を7年以上している人にも営業という教育をすることが出来ます。新しい方法を教えることを教育というのではなく新しい方法を学ぶということが教育ということなのです。

 

これについての問題点

教育に関して問題は無いと言われる人が多いかも知れませんが、それが問題なのです。どの段階で、どのレベルの教育を受けなければいけないのかが人によって違います。全ての人が同じレベルな分けではありません。社会では、多くの人が平均の能力を望んでいますがそれが良いとも限らないのです。個人の能力だけが突起しては調和を乱すので教育の指導が始まります。この教育の指導が仲間割れや虐めに発展していくケースがあるのです。

 

これについて「比留間隆司」が述べる

教育の指導方法が、調和を乱す原因を会社の上層部は理解していないのだと考えます。この問題を解決しないことには、これから先も虐めや体罰が無くなる事はないのです。

 

「比留間隆司」の意見について「百田桜子」が述べる

会社の上層部まで話を持って行くのはどうかと思いますが、虐めや体罰の問題になっているのが教育の指導方法だという意見には賛同します。私の考えは、教育の指導をする人を会社の上層部がどう選択するかによって変わるのだと思っています。