「社員同士の問題」について討論をする

「社員同士の問題」について解説

社員同士の問題は、小さいことから大きく変化してしまうものまで数多くあります。特に会社の中では役職がある以外が勘違いしていることが多いのが原因となりやすいのです。お互いの利害関係が一致しないのも社員同士の問題が起きてしまう原因と言えます。

 

これについての問題点

お互いの自己主張が強い所がこの問題を引き起こします。ある部署の中での社員同士の問題では、お互いがその問題に触れずに放置している状態なのでばつが悪いお互いがお互いの事を認めないので問題が起きている事も認識出来ていない状態になっているのが抑々の問題なのです。

 

これについて「篠部一雄」が述べる

私の友人もこの問題にぶち当たったことがあると話しをしてくれました。友人の彼曰く、この問題は自己防衛をする為の小さな問題なので問題を大きくせずに、出過ぎた事をせずに自分の担当業務だけはしっかりしておけば問題は無いと話していました。私は、上司でない人の意見は聞かなくてもいいと思っています。社員同士お互いが歩み寄って何かをすればいいとは考えますが、自分が先に折れると相手がへんに増長することを実体験から知っているからです。

 

「篠部一雄」の意見について「飯島亮輔」が述べる

実体験の話をされていますが、それはごく一部の話だと思うので解決策にも何もなっていないと思います。社員同士の問題は無い方がいいに決まっています。社員間に問題があればベクトルを合わせて目標を達成することが出来なくなるからです。