退職希望の社員を辞めさせない業者が増加中について討論をする

退職希望の社員を辞めさせない業者が増加中について解説

退職希望を出してもあれこれと理由をつけ、辞めさせない企業が増えて社会問題となっています。これはブラック企業ほど傾向が強く、5年以内に退職してしまう社員が8割をしめ、業務の向上や拡大がなかなか出来ない企業に多いです。結果少数の社員に業務を押し付ける構造になってしまい、業務が激化してさらに人が辞め、最後の最後に残った人は辞めるに辞められず様々な責任を負わされてしまうケースが多いです。会社から責任を負わされれば負わされるほど辞めるのは困難になります。現在ブラック企業と呼ばれる企業hがそういった傾向にある会社がかなりの割合を占めていると言えるでしょう。

 

これについての問題点

本人が退職の希望を出しているにもかかわらず退職を認めずずるずると働かせてしまう企業には共通点があり、やりがいや考え方、責任という言葉を多用する事です。そうやって本人の意思を会社に残るように曲げて業務に支障をきたさないようにするんです。しかし、これは法的に弱いやり方と言えます。きちんとした手続きを踏めば必ず辞める事が出来ます。まず、退職届を郵送すること。内容確認する事を義務付けるオプションを付ければ確認していないという言い訳もできないので確実に受け取らなければならなくなります。